« 「価値観を押し付けられた」という猟師の方へのコメント | トップページ | 猫ピッチャーが読めなくて悲しい。 »

2014年2月23日 (日)

「それは餌を与えず、2頭を飢えさせておくことでした」

「それは餌を与えず、2頭を飢えさせておくことでした」

(映画「ブラックフィッシュ」より)

最初に人を殺したカナダのシーランドでティリクムがどんな目に遭っていたか、についての証言

ティリクムと仕事をするのはほんとうに楽しかった。

ティリクムはとても行儀が良く

気に入られようとしていつも一生懸命でした。

最初にティリクムが来たときは

何もかもがうまくいっていました。

けれどもトレーナーのトップの前任者が

懲罰を含む訓練の技法を使ったのです。

彼はまだ訓練されていないティリクムを

訓練されたシャチと組ませて

2頭に同じことをさせようとしました。

ティリクムが失敗すると

2頭とも罰を受けたのです。

それは餌を与えず、2頭を飢えさせておくことでした。

それが大きい方のシャチ、先輩シャチに

多大なフラストレーションを惹き起こしました。

そして大きなシャチが今度はティリクムに苛立ち、

ティリクムに噛みついたのです。

いくつかのシーズンでは何度か

ティリクムが頭からしっぽの先まで

傷だらけだったこともありました。

Tilikum was the one

we really loved to work with.

He was very well behaved

and he was always eager to please.

When he was first introduced,

everything just went fine and dandy,

but the previous head trainer

used techniques that involved punishment.

He would team a trained orca up

with Tilikum who was untrained.

He would send them both off

to do the same behavior.

If Tilikum didn't do it,

then both animals were punished.

Deprived of food to keep them hungry,

this caused a lot of frustration

with the larger animal,

the established animal,

and would in turn get frustrated with Tilikum

and would rake him with his teeth.

There would be times during certain seasons

that Tilikum would be covered

head to toe with rakes.

http://www.springfieldspringfield.co.uk/movie_script.php?movie=blackfish

« 「価値観を押し付けられた」という猟師の方へのコメント | トップページ | 猫ピッチャーが読めなくて悲しい。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「それは餌を与えず、2頭を飢えさせておくことでした」:

« 「価値観を押し付けられた」という猟師の方へのコメント | トップページ | 猫ピッチャーが読めなくて悲しい。 »